工事不要のインターネットといえばモバイルwifi、モバイルwifiといえばポケットwifiかwimaxですが、つながりやすさで言えばどちらが優位なのでしょうか?

電波の違い

ビル街
つながりやすさに大きく関係するのは、電波の「周波数」です。
よく〇〇ヘルツ(Hz)といわれるものですね。

このヘルツの数字が大きいほど、電波の直進性が強く、運べる情報量が大きい代わりに、鉄筋コンクリートの大きなビルといった障害物の影響を受けやすい傾向にあります。
反対に、この数字が小さければ、障害物があっても電波が回り込んで伝わっていく代わりに、運べる情報量が小さいということになります。

ポケットwifiとwimaxの周波数

それぞれの周波数は、
ポケットwifi  : 1.7GHz(1.7ギガヘルツ)
wimax : 2.5GHz(2.5ギガヘルツ)

です。

参考までにご紹介すると、docomoやauのスマホのLTEに使われている周波数は800MHzで、ポケットwifiの半分以下です。

この数字だけで比較すると、周波数の小さなポケットwifiのほうがつながりやすいということになります。

実際に繋がりやすいのはどちら!?

しかし、いくらポケットwifiは障害物を回り込んで伝わるとはいっても、その障害物の大きさや障害物との距離といった「程度の問題」もあり、一概には言えません。

地下鉄でのつながりやすさ

wimax地下
一般的にモバイルwifiが苦手とする地下鉄駅では、かなりの駅でwimaxは使えるように対策されていますが、ポケットwifiは、そこまでではありません。

快適さは周波数だけでは決まらない

いくら電波が届いても不安定であったり速度が遅ければ、使っていて決して快適とはいえません。
その意味では、電波が届きさえすれば、情報伝達量の多いwimaxのほうが優位であるともいえます。
また、wimaxにはLTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)というモードがあり、wimaxの電波が使えなくてもLTEでインターネットに接続することができるため、これも考慮すればwimaxの勝利と言えます。

BroadWiMAXの「ご満足保証」で安心

例えば「wimaxを契約したが実際に使ってみたら自分の家ではつながらない」といった場合、通常はwimaxを解約し、ポケットwifiに契約し直すと、wimaxの違約金を取られます。

しかし、BroadWiMAXであれば、親会社がポケットwifiも扱っているため、万が一前述のような状況になっても、違約金を払わずにWimaxからポケットwifiに変更することができます。

この「ご満足保証」があれば、安心して申し込めますね。