Speed Wi-Fi HOME L01の特長

WiMAXから新しいホームタイプのルーターが登場しました。
モバイル端末が多いWiMAXですが、ホームルーターも数多く販売しています。
外出先での利用ではなく、自宅での使用がメインであるなら、ホームタイプのルーターが良いでしょう。

では、新製品である「Speed Wi-Fi HOME L01」とはどのような端末なのでしょうか?
その特長や内容について解説しています。

下り最大440Mbpsの圧倒的なパフォーマンス

高速通信のシステムである「4×4MIMO CA通信」に対応しています。
そもそも、4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)というのは、電波の送信側(基地局)と受信側(ルーター)それぞれに、4本ずつのアンテナを利用して通信する技術のことです。

こうするとどのような事が起きるかというと、アンテナの数を増やして、たくさんデータを送れるようになります。
つまり、従来の高速通信よりも、より高速な通信が可能になるのです。
「Speed Wi-Fi HOME L01」では、この通信システムに対応し、下り最大440Mbpsの、圧倒的な速度を体感することが可能になっています。

回線工事は一切不要!すぐに使えるのが魅力

WiMAXは無線を使った通信になるので、光の固定回線のような大掛かりな設置工事が一切不要。
買って、自宅のコンセントにつなぐだけですぐに使えます。
煩わしい回線の工事や、手続き、立ち合いなどが全くないので、ストレスなくネットを楽しめます。

ネットで申込んで、端末が届いたら、すぐに使えるというのは、大きなメリットの1つであると言えるでしょう。

有線ポートが標準装備!Wi-Fi対応していない機器も利用OK

「HOME L01」には有線LANが2口あります。
よって、Wi-Fiに対応していないプリンターやデスクトップPCがあっても大丈夫。
LANケーブルにて接続し、インターネットを使うことが出来ます。

最大40台までの端末をネットにつなげることができます

2.4GHzと5GHzの帯域の電波が使えます。
2つの帯域の電波が使えるので、電波干渉が起きにくく、快適にネットを行うことが可能です。
また、同時に最大40台までのネット機器を、インターネットに接続できるので、家族みんなで使うこともOK。

パソコンやタブレットだけでなく、テレビやプリンター、オーディオ機器など、幅広く使用しても、十分ゆとりがあります。基本的にどれだけデジタル機器が好きな一家でも、同時に40台も接続することはありませんよね。
安心してたっぷりとインターネットの利用が出来てしまいます。

アンテナの性能が高く、使い勝手抜群!

HOME L01は一般的なモバイルルーターに比べて、アンテナの性能が高くなっています。
モバイルルーターに比べて製品の大きさが違うので、WAN側、LAN側、共にアンテナの性能が高くなっているのです。

WiMAXは通信速度を上げるために、壁や床などの障害物に弱い傾向がありますが、ホームタイプのルーターは家庭内で使うことをメインに考えられているので、この点が改良されています。
よって、自宅内でも安定した高速通信を行えるのです。

※WAN(ワン) : インターネット回線に接続するための差込口
※LAN(ラン) : PCなどの端末を接続する差込口

専用のアプリをつければ、ルーター情報が一目瞭然!

HOME L01では、専用のアプリケーションを使うことで、スマホから、ネットワークの状態を確認できます。
どこにいても確認することができるのは、非常に便利な機能ですよね。
電波の状態や、接続端末の情報、また、通信容量などを把握することもOK。

まとめ

HOME L01の性能や特長を紹介してきました。
一般家庭での利用ならば、楽々に使える高スペックな端末になっています。
メリットが多い、HOME L01端末で快適なインターネットライフを送りましょう。