工事不要なのはモバイルwifi

まず工事が要らないことが前提条件であれば、モバイルwifiが唯一の選択肢ということになります。
モバイルwifiであれば、工事を待つ必要もなく、契約さえすればすぐに使うことができます。
電話を考えればイメージしやすいと思います。
固定電話を引くには工事が必要で、工事費の負担や工事日の日程調整など面倒なことがいくつかありますが、携帯電話なら契約したその日から使えますよね。
モバイルwifiもまったくそれと同じことです。

通信速度制限のあるものは家のインターネットには向かない

ただ、モバイルwifiにはデメリットがあります。
それは、月間の使用量が7GBを超えると、通信速度制限があるということです。
いったん通信速度制限に引っかかってしまうと、ほとんど使いものにならないほど速度が遅くなります。
これでは、心行くまで動画やオンラインゲームを楽しめないですよね。

おすすめはwimax2+

モバイルwifiで月間の通信制限を考えなくても済む唯一の方法は、「wimax2+」を選ぶこと、しかもギガ放題で契約することです。
wimax2+にも月間7GBの通信速度制限がありますが、ギガ放題プランで契約すれば、その制限が撤廃されます。

3日間3GBの制限は!?

ただし、ギガ放題で契約しても、もうひとつだけ制限があります。
それは、3日間で3GBという制限という制限です。

それほど気にする必要はない

ただ、この3日間3GBの制限は、それほど気にする必要はないでしょう。

モバイルマーケティングデータ研究所によれば、月間2GBのデータ通信容量で足りるかとの質問に、

  • 38.7%は足りる
  • 34.7%はまあまあ足りる

合わせると73.4%およそ4人に3人は足りるとの回答をしています。

それと、もうひとつ、それほど制限を気にする必要がない理由があります。
それは、実際には万が一3GB超過しても制限されないことが多いこと、また制限がかかっても実用に耐える速度は出ることです。
実際には制限がかかっても約5Mbpsの速度は出ますから、たいていのことは支障がありません。

wimaxで料金が安いのは!?

同じwimaxでも料金が違う!?

wimaxはプロバイダーと呼ばれる販売代理店が扱っていて、プロバイダーによって料金等の条件が違います。

人気のプロバイダー料金比較

Broad
Wimax
GMO
とくとくBB
biglobe
月額料金 3,411円 4,263円 4,380円
キャンペーン内容 初期費用無料
(18,857円分)
最大33,000円
キャッシュバック
最大20,000円
キャッシュバック
キャンペーン
適用時期
契約時 12か月後 13か月後

ご覧のとおり、月額料金ではBroad Wimaxが圧倒的に安いです。
キャンペーン内容を比較すると、GMOとくとくBBが最大33,000円と一見有利に見えますが、実際にはキャンペーン特典を受け取れている人の割合は2割ともいわれ(※)、キャンペーンに惹かれて契約すると結局割高になるケースが多いです。
(※キャンペーンの案内メールが、普段使っていないアドレスに送られて気づかない、契約後12か月後というように忘れたころに特典の申請をする必要があることから、忘れてしまうということが理由のようです)