ポイントは速度と通信制限

モバイルルーターを使えば、スマホやタブレット、PCなどの機器を使って、動画を楽しむことが出来ます。
その際のポイントは「速度」と「通信制限」です。
動画は大量のデータ通信が必要となるので、どうしても回線のスピードが必要になってきますし、扱うデータが多くなれば、当然、対応する通信量も大きくなります。

このポイントを踏まえ、動画を見るのに最適なWi-Fiは何なのか?
これを探りたいと思います。

低速では動画視聴は厳しい

動画サービスで有名なのはYoutubeですが、Youtubeでは標準画質でも1Mbps(1,000Kbps)の通信速度が求められるのはご存知ですか?
YoutubeにはHD画質の動画はありますが、基本的には標準画質で動画を観ることが多いです。
それでいて、1Mbpsの速度を必要とするのですから、それなりのネット環境は必須。

特に今話題の「Hulu」や「Netflix」「Amazon Prime Video」となれば、もっと高画質の動画を展開しているので、通信速度のスピードは重要になります。

主要動画サイトの、サービス別推奨速度

Netflix
  • 最低 : 0.5Mbps~
  • 標準 : 1.5Mbps~
  • SD : 3.0Mbps~
  • HD : 5.0Mbps~
  • 4K : 25Mbps
Hulu
  • 推奨速度 : 3.0Mbps~5.0Mbps
Amazon Prime Video
  • 標準画質 : 900Kbps 
  • HD画質 : 3.5Mbps
Youtube
  • 360p : 0.53Mbps
  • 480p : 0.89Mbps
  • 720p : 1.63Mbps
  • 1080p : 2.85Mbps

HuluやAmazonで快適に動画を観るためには、ある程度の通信速度が必要になります。
またYoutubeでも、低画質の360pの動画を観る分には0.53Mbps程度の速度で十分ですが、高画質である1080pの動画を観るためには、2.85Mbpsの速度が必要になります。

通信制限

通信速度は契約する端末によって選ぶことが出来ますが、問題は通信制限になります。
いくら通信速度が速いからといっても、大量に動画を観ると月間のデータ通信量の上限を超えてしまい、通信速度の制限がされることになります。

固定の光回線には、この通信制限はありませんが、モバイルルーターには通信制限があるので、注意しましょう。
モバイルルーターやスマホではどのくらいの通信が行えるのでしょうか?
サクッとまとめてみました。

  • スマホ : 契約しているデータ量(例:1GB、5GB等)
  • ポケットWi-Fi : 月間7GB
  • スマモバ : 3日で3GB
  • ※スマモバは実際にはもっと小さい通信量で規制されるネット上の口コミがあります。

  • WiMAX2+ : 月間7GB(ギガ放題なら無制限)、3日間10GB(3日間で10GB使うのは逆に困難=限りなく無制限に近い)

モバイルルーターには月間の通信量の上限があるので、大量のデータ通信を行う動画の閲覧は本当に要注意です。

動画配信サービス別1時間視聴の場合のデータ通信量

必要な通信速度は分かりましたが、具体的には、1時間動画を閲覧すると、どのくらいのデータ通信量がかかってくるのでしょうか?
動画サービスを行っているサイト別に、まとめてみました。

Netflix
  • 低画質 : 300MB
  • 中画質 : 700MB
  • 高画質(HD) : 最大3GB
  • 最高画質(UHD) : 最大7GB
Hulu
  • 中画質(480p) : 約150~200MB
  • 高画質(720p) : 約300~400MB
Amason Prime Video
  • 中画質 : 最大600MB
  • 高画質 : 最大1.8GB
  • 最高画質 : 最大5.8GB
Youtube
  • 144p : 約120MB
  • 240p : 約180MB
  • 360p : 約240MB
  • 480p : 約420MB
  • 720p : 約720MB
  • 1080p : 約1260MB

この程度の通信量がかかってきます。
例えば、Netflixの高画質動画を3時間見ると、3GB×3時間=9GB必要になります。
つまり、固定の光回線やWiMAX2+のギガ放題以外の回線では、通信制限に引っかかる計算です。

特に有料の動画配信サービスは高画質が「売り」となっています。
Googleのchromecast等を使って、タブレットやPCの動画をテレビで見るなら、高画質がマスト!
但し、スマートフォンで、動画配信サービスを利用すると、スマホ回線自動検知が作動し、HD画質(高画質)の動画がSD画質(標準画質)になるケースが多く、高画質で見られない現状があります。
ですが、この機能もスマホのデータ量を使うのではなく、WiMAXを間に入れることで解決可能!
スマホでもHD画質で見ることができます。

まとめ

動画配信サービス(無料のものから料金が発生するものまで)は様々ありますが、ある程度の通信速度は必要であり、また、大量のデータを扱うので、通信量の制限がある回線は向いていません(速度制限があるため)。
よって自宅以外では絶対に使わないのであれば、高速通信が可能な光の固定回線を使う方法が最適です。

但し、家の外でもパソコンでインターネットを楽しみたいのなら、WiMAX2+がおすすめ。
通信量が実質無制限の使い放題であり、対応エリア内であればどこでもネットが可能です。
自分の生活スタイルによって選ばれると良いでしょう。